AGA病院なら安心して医薬品を使える

お医者さんの元で治療できるということは、当たり前ですが医薬品を処方してもらえるということです。医薬品は食品やサプリメントと比べると目指す結果が出るまでの期間が短い反面、扱いが難しいという欠点があります。AGA治療に関して積極的に病院が関与して取り組むようになったのも、育毛、そして特に発毛させるために必要な成分の取り扱いが難しいことが1つ理由に挙げられます。
まず最初に日本で初めて市販された発毛剤「リアップ」の主成分ミノキシジルについてですが、AGAの病院では確実に結果を出すためにさらに高い濃度で使用されることがあります。(基本的に濃度が高い方が効果が出る)しかし、市販に含まれている濃度(1%or5%)でも使用者のうち5〜10%近くの人にかぶれ、異常発汗、倦怠感、酷い場合はこん睡などの副作用が起こるとのことです。この実情はもちろんのこと、さらに高い濃度で使っているとなれば「やはり病院で」となるのも仕方の無いこところがあります。
そして飲む発毛剤として知られる「プロペシア」の主成分フィナステリドですが、こちらは男性機能関連(勃起不全、性欲減退)の機能の低下がが見られる副作用が起こることがあるとのことです。また、妊婦さんは胎児の生殖器に影響が及ぶことがあるとのことで、触れることさえも禁止されています。
しっかり結果を出すために効果が出る薬を使いたいわけですが、その反面副作用のリスクがつきもの。となるとAGAの病院があるといざというとき(副作用が起きたときに)にとても助かるので安心です。

このサイトについて

AGAの病院に行く理由やメリットについて解説していきます。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。