AGAの病院でも対処できないとき

男性型の脱毛症は他の要因が主となって起こる抜け毛とは違って、その成長を完全に停止させようという意図的なかつ直接的なもので起こります。血流や髪の栄養素がどうこうというよりも、そもそも毛乳頭で髪を作り出している毛母細胞自体が5αリダクターゼによって活性化した男性ホルモン(ジビドロテストステロン)によって「生えるな!」という指令を受けてしまっているので、これをなんとかしないと意味がありません。
なので、ミノキシジルを始めとした医薬品が必要になってくるのですが、そもそもこれらの必要な成分を体が受け付けない場合はどうしようもありません。こればかりはAGAを専門とする病院といえどもなかなか対処するのが難しい、もしくは諦めなければならないこともあるでしょう。また、中には仕方なく生活が不規則な人(特に体の細胞分裂が活性化する夜10時〜2時に寝れない人)や栄養管理が上手くいかない人も結果が出せません。
というのも発毛剤や内服剤でせっかく5αリダクターゼの阻害が成功したとしても、元々弱ってしまった毛根なので他の髪の成長に良くないことをやっていれば今度はそれが主問題となってしまうからです。もしも健康でフサフサならば、多少の悪影響はものともしませんが弱った毛根では話が別なのです。なので「自己の怠慢」もAGAの病院では対処しきれない問題と言っていいかもしれません。この辺りはちょっとした努力が必要です。

このサイトについて

AGAの病院に行く理由やメリットについて解説していきます。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。